Japan Open Chainのバリデータにinsproutが参画

日本企業が運営するEthereum完全互換のパブリックチェーン「Japan Open Chain(JOC)」のコンソーシアムを運営・管理する日本ブロックチェーン基盤株式会社(代表取締役:近藤 秀和、以下、当社)は、株式会社insprout(代表取締役社長:三根一仁、以下、insprout)がJapan Open Chainのバリデータ(ブロックチェーン運営パートナー)として参画したことをお知らせいたします。

「Japan Open Chain」は実用性を重視した、ビジネスに最適なパブリックチェーンです。運営者が明確かつ日本法に準拠した運営を行っていることから、安心してweb3ビジネスを行うことができるブロックチェーンインフラとして企業や自治体に活用いただいています。また、本チェーンはEthereum完全互換であり、高速かつ必要十分な分散性と高いセキュリティ性能及び安定性を実現します。

現在「Japan Open Chain」のバリデータには、ソニーのグループ内スタートアップであるコーギア株式会社、株式会社電通、NTTグループのNTTコミュニケーションズ株式会社、G.U.Technologies株式会社、株式会社insprout、株式会社Kudasai、株式会社みんなの銀行、ピクシブ株式会社、TIS株式会社、京都芸術大学が参画しており、最終的には21社となる予定です。

◽️ insproutのバリデータ参画の目的​​

insproutは、Japan Open Chainのブロックチェーン共同運営者として参画し、他の共同運営者とともに日本企業が安心して利用可能なブロックチェーンを提供するとともに、自らも社会課題解決につながる以下のようなWeb3サービスの展開を推進します。

1.本ブロックチェーン基盤の管理・運営

  •  ブロックチェーンに記録される取引データ等の妥当性検証
  •  セキュリティ・性能・安定性の向上に関する技術検討

2.社会課題解決に向けた新たなWeb3サービスの検討

  •  Web3サービスの社会実装に向けた検討
  •  仲介者を必要としない価値の共創・交換を可能とするサービスの提供

今後JOCは、insproutが推進するインターネットサービス事業、システム開発事業、インキュベーション事業での高い技術力や事業構想力を活用し、「Japan Open Chain」のエコシステムの拡大やネットワークの安定強化を加速させると共に、web3の世界をさらに発展させることに協力してゆく所存です。

◽️ 実用性を重視した日本発のパブリックチェーン『Japan Open Chain』​​

JOC-Validator_20240627

ソニーのグループ内スタートアップであるコーギア、NTTグループのNTTコミュニケーションズ、電通、TISなどの業界をリードする著名な企業によって共同運営されている、Ethereum互換(レイヤー1)のパブリックチェーンです。世界中のどなたでも安心かつ安全、安価に利用できる実用的なブロックチェーンインフラとして、特に金融やビジネス分野での利用に最適なチェーンに設計しています。

公式サイト | X (Twitter) | Discord

◽️ 株式会社insproutについて

株式会社insproutは、ITを中心としたスタートアップ投資、インターネットサービス、システム開発で未来をつくる事業を展開しています。

【会社概要】
会社名 :株式会社insprout(insprout Corporation) 
代表者 :代表取締役社長 三根 一仁
創業  :2006年1月
所在地 :東京都港区麻布十番1-5-10 アトラスビル8階
URL  :https://insprout.com/